Other

【Twitterに潜む闇】Twitterは最高の世界って本当?

スポンサーリンク

 

パンチ氏

「Twitter最高!」って言ってる人多くないですか?

最高でも最低でもない。

ただ、人間の社会があるだけだ。

キック所長

 

本記事を読んで欲しい人

  • Twitter初心者
  • Twitterをやっていて闇を感じたことがある人
  • Twitterをもっと純粋に楽しみたい人

 

Twitterに溢れる「Twitter最高!」という多くの声。

しかし、3ヶ月ほどTwitterに全力を注いできた私の目には、とてもそうは映りません。

そこで、「Twitter最高!」というのは誰が言っているのか、みんな本気で言っているのか、少し分析してみたくなりました。

 

プロフィール代わりに読んでいただきたい記事↓

関連記事
Twitter初心者が、18日で1,000フォロワー達成した方法

何を呟いたら良いのかさえわからなかったTwitter初心者が18日間でフォロワー1,000人を達成した運用方法をわかりやすく解説

続きを見る

 

まず結論から言うと、ここにあるのは「最高の世界」でも「最低の世界」でもない。

要するに、「ただの世界」です。

それが声の大きい誰かに煽動されたシュプレヒコールのように「Twitter最高!」という声が響きわたっています。

そこには様々な「闇」が垣間見えます。

真っ直ぐに見つめたらただの闇ですが、斜めに視点を変えて見れば、「警察24時」をみているようなエンタメにもなり得る内容だと思っています。

是非、後者の目線でお楽しみいただけたらと思います。

Twitterに違和感を感じているとか、嫌な思いを沢山してきたというあなたの心が少しでも軽くなれば幸いです。

 

関連記事
誰もが経験するTwitter疲れ。その原因と解消法【まとめ】

楽しかったはずのTwitterが、ある日突然楽しめなくなってしまう「Twitter疲れ」の原因と解消法をわかりやすく解説

続きを見る

 

1. 弱肉強食の世界

Twitterは人の世界の写し絵です。

ある人にとっては最高の世界であり、またある人にとっては最低の世界でもある。

要するにここもまた人が織りなす世界の一部でしかないのです。

 

2. Twitterが最高だと言っているのは誰?

Twitterを徘徊していると、子細は違えど「Twitter最高!」といった言葉を結構目にします。

リアルとは違って前向きな発言が多いとか、みんなが将来の夢を語っているからだとか、そんな理由を挙げている人が多いようです。

しかし「Twitter最高!」と言っている人たちを冷静に見てみると、ほぼ以下3つのタイプに分けられます。

Twitter最高!という人は

  • 初心者でフォロワーさんが増えてきた人
  • 中級者でTwitterを通じてマネタイズができてきた人、もしくは狙っている人
  • インフルエンサーといった扱いを受けている人

つまり、Twitterの利用価値を理解してきた、もしくは利用価値をしっかり理解している人たちと言い換えられそうです。

もちろん、利用価値といっても、初心者と中級者以上では、その言葉の持つ意味合いは違います。

初心者にとっては、沢山の有益情報が手に入るとか、リアルの生活では到底知り合えなかった人と出逢えるとか、注目されるとか、そういったTwitterならではの体験こそが価値でしょう。

また、中級者からすれば、趣味を活かしてイラストなどを描いてみる、経験を活かしてnoteを書いてみる、実績を基にコンサルの真似事をしてみるといったことで、多少なりともお金を得ることができた、もしくは儲けることができそうだぞという気づきが利用価値になるでしょう。

そこを超えて、他人から一目置かれるインフルエンサー的な扱いをされるような人たちからすれば、中級者以上にTwitterを実業として展開できる可能性が出てきます。

 

以上をまとめると、初心者にとってのTwitterの利用価値は、主に「楽しい」とか「知的好奇心を刺激される」とか、感情を揺さぶるものがほとんどです。

つまり、初心者が言う「Twitter最高!」とは「こんなに楽しい体験ができるんだ」と言うこととイコール。

それと比べると、中級者以上の言う「Twitter最高」は大抵の場合、「実益を満たしてくれる」というところではないかと思います。

ここまで読み進めていただいた方の中には、偏った意見だ、自分はもっと違う意味で「Twitter最高!」だと感じているという方もいらっしゃるかもしれません。

ですがここでは、執拗に「Twitterって最高だと思わないか」みたいなことを声高に叫びつづける人たちを例に挙げています。

しみじみと感じているだけの方は、ここにおいては例外です。

 

3. 感情をコントロールされていませんか?

集団心理というものがあります。

例えば、会社の同僚のご親族が亡くなったということで、お通夜やご葬儀に参列することってあると思うのですが、そのご親族と面識がゼロでも、その場に漂うしんみりとした空気に感化されて、なんだか自分も悲しい気持ちになったりしませんか?

あるいは寝不足で迎えた休日に、家族に請われて渋々遊びに行ったテーマパークで、周囲の笑顔に影響されて、いつの間にか疲れも忘れてテンションが上がったなんて経験はありませんか?

Twitterも同様です。

みんなが口々に「最高」と言っているのを目にするたび、大勢のフォロワーさんを抱えてそれなりに影響力を持った人たちに「こんなに◯◯なTwitterって控えめに言っても最高じゃないか」なんて具体例を挙げて問いかけられたら、さほど面白いと感じていない人でも、なんだか感情が流されてしまうことってあると思うのです。

私も初期の頃は結構流されました。

その素晴らしさに中々気づけない自分が悪いのだとも思いました。

自分の中の正直な感情(違和感)と、「こんなに◯◯なTwitterの世界が最高でないわけがない」といった理論理屈との間で大いに揺れました。

最初期の頃はフォロワーさんが増えるだけで、こんなに素敵な人たちと出会えるなんてTwitter最高だなと確かに思ったものの、時間が経過するに連れて、やはり自分の中の違和感はどんどん肥大化していきました。

そこから抜け出せたのは、「煽られる」ことから抜け出そうと努めたからだと思います。

同じようなことばかりを投稿し続けているインフルエンサー的な人たち(一方的にフォローしているだけの人に限る)のフォローを辞めてからは、モヤモヤとした違和感は風船がしぼむように小さくなっていきました。

そうは言っても、フォロワーの誰かが反応すると私のTLにもそれが流れてくるので、全く目にしなくなったわけではありませんが、一歩引いた感じで冷静に見られるようになりました。

すると、やはりそう言った界隈からは、集団心理のようなものが感じられました。

しかしその人たちがTwitterを心から楽しめているのなら、私が横から言うべきことはありません。

その楽しさが1日でも長く続くことを願っています。

ですが、楽しいはずなのに、なんだか心が疲れるようだとしたら、上述したように気持ちが流されている可能性がありますので、一旦気持ちをリセットした方が良いと思います。

本当に楽しいことだとしたら、疲れるのは肉体だけです。

心はむしろ満たされていくはずですから。

 

4. 誰がために

では、そんな集団心理が生まれるのは何故か?

誰かが煽っているからでしょう。

では、何のために煽る(他人の感情をコントロールする)のか?

極端に言えば、一定数以上の弱者を生み出し続けるためでしょう。

何故か?

商売になるからです。

日本におけるTwitterのアクティブユーザーは約4,500万人(2018年時点)と言われています。

巨大なマーケットが存在しているというわけです。

Twitterがそのサービスを開始した2006年以降、多くの人たちが新規参入し、あるいは辞めています。

つまり、常に一定数以上の初心者が存在していることになります。

商売のターゲットになるのは、その初心者です。

ただしここでいう初心者とは、Twitter自体の初心者だけでなく、Twitterでのマネタイズ初心者というのも含まれます。

後者は、Twitterでお金を稼ぎたいけれど、どうやったらいいのかがわからない、もしくはもっと稼ぐにはどうしたらいいのかわからないという人たちです。

この人たちは、Twitter自体の初心者とは少し毛色が違いますが、両者とも悩んだり、焦ったり、つまり心に隙がある状態であると言って差し支えないと思います。

それぞれにどんな悩みを抱えているのか考えてみます。

 

Twitter初心者の悩み

  • フォロワーを増やしたい
  • 何を投稿したらいいのかわからない
  • 何を投稿したら、高評価されるか知りたい

マネタイズ初心者の悩み

  • Twitterで何をしたらマネタイズできるのかわからない
  • Twitterでのマネタイズはできそうだが、もっと稼ぐにはどうしたらいいのか知りたい

 

こういった悩みは程度の差こそあれ、Twitterを使うほぼ全ての人たちが一度は遭遇する悩みでしょう。

信用するに値する実績を持った(ように見える)人たちがこれらに対する答えを用意してあげれば、お金を払ってでも手に入れたいと思う人たちは一定数以上いることは想像に難くありません。

そういった人たちを一定数以上、Twitterに存在させ続けることがビジネスチャンスを生みます。

そのためには、悩んだ時点で辞められたのでは困るわけです。

「Twitterは最高の場所」で「その悩みを解決できる答えはTwitterの中にある」と言い続けることが必要です。

そういった言葉に流されながらも悩み続けるTwitterユーザーは、あちこちでその悩みを解決してくれそうな何かを目にします。

驚くほどの短期間でとんでもない人数のフォロワーさんを獲得した人がコンサルをしてくれるとか、驚くほどの高評価を獲得するツイートをしているという人が書いたnoteとか、そういったものが安ければ数百円程度で手に入るというのです。

マネタイズの悩みを抱えた人たちも例外ではありません。

毎月、数百万円もの利益を獲得している人が再現性のあるnoteを販売しているとか、受講生に即結果を出させているという講師のセミナー参加の募集とか。

大抵はTwitter初心者向けよりも多額の出費を要するため、躊躇する人が多いと思いますが「きちんと実践すればすぐに取り戻せる投資額」といった売り言葉に気持ちをグラグラと揺さぶられることでしょう。

私も試しに一度有料noteを購入してみたことがありましたが、その内容云々よりも、そのnoteを販売するためにインフルエンサー的な人たちからの好意的な意見を載せたりしていて、これはまさに「青汁」のような健康食品販売の使い古された手法だなと思いましたが、同時にこの手法が未だに王道であることを再認識しました。

アフィリエイトASPのマネートラック

どんな分野でも、顧客が悩むポイントというのは実はそれほど多くありません。

同じようなところでつまずき、同じようなことで不安を抱えたりします。

裏を返せば、それらのポイントを的確に掴み、それに対する明確な答えを予め用意してあげることができれば、優秀なビジネスマンとして受け止められる上に、成果、報酬も手に入れることができます。

先ほど挙げた悩みに対する答えさえ用意できれば、きっと誰でもTwitter上でマネタイズができるでしょう。

そうなれば、その人にとってTwitterは最高の世界となります。

単純に感情に任せて叫んでいるのか、それとも意識的、もしくは無意識に、その最高の環境を継続するために叫んでいるのかはわかりません。

それでも今日も声高に叫び続けるのでしょう。

「Twitter最高」と。 

 

5. 嘘かまことか

ここで改めて問いかけてみます。

「Twitter最高」と言っているのは誰ですか?

それがあなたであって、その気持ちが真実なら何の問題もありません。

素敵なフォロワーさんたちと繋がることができたから。

ふとした呟きに大勢の人が共感してくれたから。

誰かに喜んでもらえたから。

収入が得られたから。

人生が変わったから。

様々な理由で「Twitter最高!」と叫びたくなる気持ちは私にもわかります。

私もTwitterで素晴らしい方々と出逢ってこられましたし、このご縁が末永く続くことを願っています。

 

しかし、もしもあなた自身が「Twitter最高」とは思っていないのに、誰かの言葉に流されてそう思い込もうとしているのだとしたら気をつけた方が良いです。

違和感は自分に対する嘘です。

そういった違和感は必ず歪みをつくります。

身体の歪みは整体などである程度矯正もできるかもしれません。

しかし、心の歪みはそうはいきません。

違和感があるのなら、安易に人に相談する前にご自身の心と向き合ってみてください。

解決策はTwitterの中ではなく、あなたの心の中にあるはずですから。

 

それに、Twitterなんて辞めたって大したことはありません。

確かにSNSが現代において便利なツールであることは間違いありません。

しかし、SNSだってTwitterしか無いわけでは無いのです。

インスタだってフェイスブックだってあります。

もっと言えば、SNSが無ければ成り立たないものなど無いのです。

ただ、便利なだけです。

便利なツール。

ツールは使いこなしてこそ意味があるのです。

使いこなせれば便利なもの。

しかし、逆に振り回されているのだとしたら、それはもはやあなたにとって便利なものとは呼べません。

使いこなせるまで覚悟を持って頑張るのか、もしくは捨ててしまうことをお薦めします。

 

「何万人ものフォロワーが本当に必要ですか?」

「何百もの「いいね」が本当に必要ですか?」

「Twitterはコンサルを受けてまで楽しみたいものですか?」

 

その答えも全て、Twitterではなく、あなたの心の中にあるはずです。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

-Other
-, , ,

© 2021 ラボマドリ